« 失われた町 | トップページ | 神の汚れた手 »

黒祠の島

黒祠の島 黒祠の島

著者:小野 不由美
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本屋さんを散策すると、いろいろな表紙の本が並んでいてウキウキしますね。目当ての本はないけれど、何か読みたい!ときに、結構 ジャケ買い・オビ買いをいたします。この本と出会いは、<オビに釣られて>です。

 ちょっと後ろ髪を引かれるような進み方で、なんともじれったい気持ちになりました。否定的な意味ではなく、そのじれったさが心地よかったんですが(笑) ドゴーン!ギャー!っていうような派手な感じの怖さというよりも、ジットリ…ヒヤッ…としたような和風な仄暗いイメージの怖さを覚えます。

 ひとつ残念だったのが、早い段階でトリックと犯人に気がついてしまったことです。こういった背景・理由があって この事件が起こったんだろうな~と、想像できてしまいました。ですが、最後のオチというか、ラスボス的存在は予想外でした!面白かったと思います。

 希望のある終わり方で、読後感もなかなかです。

|

« 失われた町 | トップページ | 神の汚れた手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215543/5277296

この記事へのトラックバック一覧です: 黒祠の島:

« 失われた町 | トップページ | 神の汚れた手 »